お気に入りの映画「二郎は鮨の夢を見る」

2017/11/29

Pocket

こんばんは!ビー玉です。

朝からずっと考えているんですが・・・書くことがない( ̄▽ ̄;)

昨日は研修で、恐怖の座学・・座っていられるのは嬉しいんだけど、とにかく眠くて・・どのブロガーさんも似たり寄ったりだとは思う、寝不足の人が多いですよね・・私もです( ノД`)シクシク…

ブログを始めてからというもの、睡魔との戦いになる座学は恐怖でしかありません。

昨日は何とか睡魔には打ち勝ったものの・・疲れて家に帰って、お酒飲んで、あっという間に寝てしまって・・・気が付けば朝でした。頭スッキリ٩( ᐛ )و だけど、ノープラン…orz

※ちなみにこの記事は朝に書いてます。

ネタになるかな?と、1週間前に仕込んだ干し柿を食べてみるも、案の定まだ渋くて地味にダメージを受けただけだったし・・・

こうなれば、私のお気に入りを紹介するしかありません(`・ω・´)

 

そんなわけで、またまたお気に入り(映画)の紹介です。

二郎は鮨の夢を見る

 

アメリカ人監督のデヴィッド・ゲルブが、銀座「すきやばし次郎」の店主で寿司職人の小野二郎さんに感銘を受けて制作したというドキュメント映画です。

「すきやばし二郎」とは、5年連続のミシュランの三ツ星を獲得し、世界屈指の食通たちに「三つ星以外にありえない」と言わしめた鮨の名店であります。

もちろん私は行ったことも見たこともありません(^▽^;)

でも、映画は何度観ても全編を通して鳥肌たちっぱなし!!
ストイックな職人さんよりもカッコイイものがこの世にあるのだろうか?

二郎さんの鮨に対する崇高なまでの姿勢も素晴らしいけど、その父を越えようと日々葛藤し、父の背中を追い続ける弟子である息子の姿がこれまた素晴らしい♪

全編に流れる音楽はクラシック・・・なぜに鮨でクラシック?と、私も最初は思っていたけど、中盤でその理由は分かりますので、ご安心を♪
 
一度でいいから、クラシック音楽に例えられるほどドラマチックな二郎さんのお鮨を食べてみたいものです。

鮨を握る二郎さんの手も、そこから生み出される・・まるで生き物のようなお鮨もサイコーに色気があってウットリしますよっ(*´ω`*)

しかし、「すきやばし二郎」でお鮨を食べるのは、 低でも1食あたり30,000円~(๑°⌓°๑)

・・・いやいや、金額は何とかなるとして(ならないけどw)、カウンターに座った時の緊張感にしっかり対峙できる人間にならないことには、恐らく本当の味なんて感じられないと思う ・・・・う~ん、一生かかっても無理な気がする( ノД`)シクシク…

とにかく、観るたびに背筋をシャンと伸ばしたくなる映画であります!!

気になった方は是非〜♪

 

 

本日は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございます。
また明日(たぶん)(^.^)/~~~

 

 

 

Pocket

ブログランキングに参加しています

ランキングに参加しています。
面白かった♪役に立った♪と、感じていただけたら、ポチッと一押しお願いします。
励みになります(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

-オススメ