打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?【感想】

2017/09/09

Pocket

こんばんは!ビー玉です。

巷で“酷い”と評判のアニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」をレイトショーで観てきました~♪

私にとって、世間の酷評とかはどうでもいいの!!

「岩井俊二」という名前がクレジットされる映画は、映画館で観ないと私のアイデンティティーが脅かされるのですよ٩(๑`^´๑)۶ ←誰に?

本当のことを言うと、2016年の3月に封切られた岩井作品のリップヴァンウィンクルの花嫁は映画館へは行ってないんだけど・・訳あって、その頃のことは記憶喪失だからセーフ!!

岩井俊二氏は、映画監督です。彼の作品の中では、「Love Letter 」や「スワロウテイル 」が比較的有名なので、知ってる人も多いのではないかと思うんだけど・・どうだろう?

今回のアニメ映画は、過去の岩井作品のリメイク版なので、原作「岩井俊二」とクレジットされるハズなのです。

そして私は、いわゆる岩井信者と呼ばれる妄信的な岩井ファン(*ノωノ)

アニメ映画の感想としては、巷で騒がれているほど悪くはなかったですよ(゚д゚)(。_。)ウン

映像も綺麗だったし、岩井版「打ち上げ花火~」のリメイクだと思って見なければ全然あり!!胸キュンのかわいいファンタジーでした。

ただ、見終わったあと、猛烈に岩井版「打ち上げ花火~」を観たくてしょうがなくなるんですよ!!

レイトショーが終わったのは、夜中の24時。それから帰ってDVDを観ちゃいました( ̄▽ ̄;) もう身体ガッタガタ・・

 

 

岩井版の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、もともと映画ではなく、「世にも奇妙な物語」の後番組として同スタッフにより制作された、「if もしも」というオムニバスドラマの中の1話(ちなみに16話目)だったんです。

「if もしも」というのは、人は人生の分岐点で別の路を選んでいたらどうなる?といったような2つのエンディングが用意されたドラマ構成だったんですが、その中でも岩井版「打ち上げ花火~」は異彩を放ち、ドラマとしては異例中の異例!日本映画監督協会新人賞を受賞したという特別な作品です。

その後、再構成されて映画になったんですが、その映画を見に行った時に、体育館のようなボロボロの会場で上映されていて、観客も本当に少なかったけど、ラストシーンでは全員スタンディングオベーションで拍手喝采。あの時の感動は、一生忘れないと思います。

 

----- スポンサードリンク -----

 

 

アニメと岩井映画の違い

 

アニメと岩井版映画の決定的な違いは、主人公たちの年齢。

【アニメ】中学生。
【岩井版】小学生。

親の離婚により、夏休みが終わったら引っ越ししなくてはいけなくなったヒロインが、主人公と逃避行(駆け落ち)を計るんですけど、中学生と小学生とでは、駆け落ちに対する現実味が全然違う!!

【アニメ】もしかしたら何とかなるかも・・という淡い期待。
【岩井版】絶対にどうにもならない切なさ。

 

ヒロインと主人公の関係性も

【アニメ】明らかに恋愛感情。
【岩井版】友情と恋愛の絶妙で微妙~なライン。

 

ヒロインの性格は、どちらも魔性系ではありますが・・

【アニメ】悪気のない小悪魔系。
【岩井版】エキセントリックな真性の魔性系。

まぁ、どちらが好みかは人によると思いますが、どうしても私は岩井版に肩入れしてしまいます。

 

印象的な夜のプール

 
岩井版には、それはもう最高に印象的な夜のプールシーンがあるんです。夜のプールに忍び込み、服のまま水に沈むヒロインを演じる奥菜恵(当時14歳)の艶っぽさったら!!

だけど、涙を隠すように水しぶきを上げたあと・・急に少女の顔になるのだw

この落差、まさに全身鳥肌もの。
 
母親の度重なる離婚で、幼いながらに心だけ大人にならざるを得なかった危うい少女役は、本当に彼女にぴったりで、当たり役だったと思います。

それに対して、わけもわからず彼女に振り回される主人公の幼さとか・・・その対比が秀逸!!
 
ヒロインは幼いながらにファム・ファタル(男の運命を変える女)だからね!!
主人公はこれから一生、ヒロインの幻を追って生きていく羽目になるんだろうなぁ・・・と、思わずにはいられないラストシーンが切ない。

 

----- スポンサードリンク -----

 

タイトルの妙!

 

そして、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」というタイトルが、実はものすごくイイ!!

クラスメイトの男の子達が、打ち上げ花火を「横」から見るのと、「正面」から見のでは、見え方が違うのか?という疑問を確かめるべく、花火大会の夜に、花火を横から見える場所まで行くという小さな冒険が、ヒロインと主人公の物語と並行して繰り広げられるんですが・・・

タイトルでは、「正面」ではなく「下」からとなっています。何故かと言うと・・下から見た花火も「横」から見た花火も角度が違うだけで同じなんです。
 
人生の分岐点で、どの路を選ぼうと、エンディングは変わらない・・・ということを暗示しているんですね~♪

いや~~~よくできてるわ!!本当にっ( ノД`)

本日は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログは土日は定休日です。次の更新は月曜日の23時の予定です。

では、よい週末を(^.^)/~~~

 

Pocket

ブログランキングに参加しています

ランキングに参加しています。
面白かった♪役に立った♪と、感じていただけたら、ポチッと一押しお願いします。
励みになります(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

-オススメ, 日常