「呪い」って何て読む?

2017/02/23

Pocket

こんばんは!ビー玉です。

昨日言っていた、カルディーの猫の日バッグをGETしてきました♪
なかなか豪華な内容♪猫好きな人なら喜んでくれると思うので、渡すのが楽しみだ~ヾ(*´∀`*)ノ

 

 

突然ですが「呪い」です。

さて、表題の「呪い」ですが、二通りの読み方があるのをご存知でしょうか?

1つは「のろい」((((;゚Д゚))))コ、コワイですね~
2つ目は「まじない」です。

女性なら幼き日に「好きな人」の靴に異物を混入したり、髪の毛を引っこ抜くという可愛い(?)「おまじない」等をした事があるという人は多いと思います。
少なくとも、私のまわりでは大流行りでした。
それが、知らず知らずに相手を「のろう」ことになっていたのだろうか???

異物混入髪の毛の強奪は、やられた相手からしたら明らかに「のろい」のような気がしなくもないけど、\(・_\)それは(/_・)/おいといて!

のろい =敵意、悪意
まじない=好意、善意

まるで真逆なイメージのこの2つの言葉の漢字が同じなんてΣ(゚Д゚)
 
この事実を知った時は若干パニックでした。でも安心して下さい!!ちゃんと違う意味でしたよ(`・ω・´)
 
「おまじない」は、もともと「禁厭」このような漢字を使っておりまして、災いから人を救うためのものだったようです。

病魔退散!!災難回避!!家内安全!!今の感覚からすると病院とか警察とかと同じだったんじゃないかな?

それが、江戸時代になり西洋医学や文化が日本に入るようになり、日本的な「禁厭」や「呪詛」などの習慣は胡散臭いものとしてまとめて「呪い」という漢字を当てるようになったようです(--;)

西洋文化が入ってくる以前の日本は、今では考えられないほど霊的なものが身近だったのでしょうね。

とはいえ、現代社会にも、「のろい」も「まじない」もまだまだ健在です!!
  

先日、好意を抱いていた女性にフラれて、駐車場に「藁人形」を置いて男が逮捕されたというニュースを見て驚いたんですが、じつはamazonで藁人形が買えるという事実も同時に知って心底ビックリしました!!

 

必要なものは全部セットされております。価格は3,000円ほどとお手軽な価格となっております。ご入用の際は是非こちらのリンクから(;´Д`)コワッ

一応デメリットも書いておきます。

「人を呪わば穴二つ!!」

この穴とは「墓穴」の事です。
人を呪うと自分にもその呪いは返ってきて、呪った相手の墓穴1つじゃ足りなくなるかもよという意味です。

呪いがブーメランのように返ってくるかどうかは分かりませんが、人を呪い続けている人から幸せは逃げて行きそうですよね!!(もしくは幸せに気づけない)
なのであながち間違いではないかも!という気がします(--)

ご利用の際は十分ご注意下さい!!

何があっても当方では責任は取りかねますm(__)m

現代に残る「まじない」

女子たちが行うプチ違法行為は別として、現在でも誰もが行なっている「まじない」があります。

誰かが出かける時には「いってらっしゃい」と声をかけますが、これは「まじない」の一種です。

「いってらっしゃい」は「行って無事に帰ってこい」という引き戻しの「まじない」です。

昔の人は今と違って「外にでると絶対に帰って来られる」という保証がなかったので、このような言霊を使って大事な人を守ろうとしたんですね。

人を思う気持ちは今も昔もかわらないんですね。

ちなみに、帰る事を許されなかった特攻隊の出撃の際には「いってらっしゃい」も「いってきます」という往復の意味をもつ言葉は使われませんでした。
最後の挨拶は「行きます」です。切ないですね~(´;ω;`)ウゥゥ

この事実を知ると、超人気アニメだった主人公のセリフ「アム〇、行きま~す!」というのも切なく聞こえますね。
オーバー35歳ぐらいにしかわからないネタなのだろうか???

本日は、ここまで♪最後までお読みいただき、ありがとうございます。
また明日(^.^)/~~~

 

 

 

 

 

Pocket

ブログランキングに参加しています

ランキングに参加しています。
面白かった♪役に立った♪と、感じていただけたら、ポチッと一押しお願いします。
励みになります(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

-日常