【レビュー】ローソンの新商品「モチクルン 苺のレアチーズ」を食べてみました!

ローソン スイーツ

にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ

にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ

ども!ビー玉です。

「バスチー」「ホボクリム」と2019年に大ヒットを飛ばしたローソン(UchiCafe)から、令和初の新シリーズ「MOCHIKLUN(モチクルン)」が新発売されました。

ラインナップは「おうちでくるんプリンケーキ」と「苺のレアチーズ」の2つ。

2種類同時発売でした。

今回実食するのは「苺のレアチーズ」です。レアチーズは和の食材 “ぎゅうひ” と会うのか?

カロリーは?大きさは?詳しく実食レビューします。

よろしければ、最後までお付き合いください

スポンサーリンク

ローソン MOCHIKLUN(モチクルン) 苺レアチーズ

MOCHIKLUN(モチクルン)おもちでくるん苺レアチーズ 255円(税込) 220kcal

ふわふわのチーズクリームと甘酸っぱい苺のソース・スポンジを組み合わせた和洋折衷スイーツ。もちもちの求肥とレアチーズクリームのふんわりとした食感が楽しめます。
ローソン公式HPより

重さとサイズ

基本情報

栄養成分(1包装当たり):

熱量220kcal、たんぱく質2.3g、脂質7.7g、炭水化物35.6g(糖質35.2g、食物繊維0.4g)、食塩相当量0.1g


賞味期限&保存法:
2020年1月20日購入 →  2020年1月21日

要冷蔵 10℃以下


原材料名:ぎゅうひ、油脂加工品、クリームチーズ、糖類(砂糖、水飴、ぶどう糖)、卵、フラワーペースト、牛乳、乳等を主要原料とする食品、イチゴ、小麦粉、ラズベリー、レモン果汁、ゼラチン、ショートニング、食用乳化油脂、乾燥いちご、澱粉加工食品、還元水飴、ストロベリー、濃縮果汁/トレハロース、ソルビトール、加工澱粉、糊料(加工澱粉、増粘多糖類)、乳化剤、グリシン、酸味料、膨張剤、香料、pH調整剤、着色料(紅麹、クチナシ)、酒精、炭酸Ca、炭酸Mg、(一部に卵・小麦・乳成分・大豆・りんご・ゼラチンを含む)


製造者:株式会社オイシス 滋賀工場


JAN :4903423318713

以前同時発売だったモチクルンのプリンケーキを食べたときに、手計量してプリンのほうが重かったので、プリンを選んでレビューしました。

実際に計ってみると、本当にプリンの方が重かったので、自分でもびっくりです∑( ̄□ ̄;)ナント!!

 

そして、そのプリンケーキだけをレビューしたらですね!いつも仲良くしてくれているaiaiさんから「レアチーズがよかったな」とコメントもらいまして・・・・だったら食べねばと思った次第です( ✧Д✧) カッ!!

プリンのレビューはこちらです↓

【レビュー】ローソンの新製品「モチクルン プリンケーキ」を食べてみた!
ども!ビー玉です。 「バスチー」「ホボクリム」と2019年に大ヒットを飛ばしたローソン(UchiCafe)から、今度は和洋折衷のスイーツ「モチクルン」が新発されました。 種類は “プリンケーキ”と “苺レアチーズ”の2種類! ど...

ではでは、aiaiさんからのリスクエストを熱血レビューです。

スポンサーリンク

実食レビュー

パッケージを開けると、ふんわり苺の香りがしました。

スイーツのパッケージを開けたときに、ニオイをかぐのが一つの楽しみなんですが、苺の香りというのが最もテンションが上がります。

今から美味しいものを食べられるぞって気がするんですよね(((uдu*)ゥンゥン

苺レアチーズは、プリンケーキと同様に紙のトレイに鎮座する白くてふわふわのスイーツです。

粉が思った以上にたっぷりかかっているので、リアルに食べるときはトレーごと食べてくださいね。

トレーの真ん中(側面)が凹んでおりまして、トレイを曲げて中のスイーツが食べやすくなる工夫もされてます。素直にしたがってください。

そうでないとあたりは、もち粉で真っ白に汚染されますwww

わたしは撮影のためにトレーから出して皿に置いたので、あたりは案の定、粉まみれです(^▽^;)

まぁ、それも楽しいですけど・・・

断面

このモチクルンの中にはスポンジと苺ソース、そしてレアチーズケーキは入っていまして。

これらを優しく包んでいるのが真っ白いぎゅうひです。

このぎゅうひが思ってるよりも薄くて儚いので、すぐに破れてしまう!

できるだけ丁寧に扱いましょう・・・

そーと皿の上に載せます。

以前食べたプリンは無造作に包まれていたんですが、こちらの苺レアチーズは心なしか丁寧に包まれています。

包むのは手仕事なんだろうか?そんな訳はないと思いますが、巻きが綺麗です。

半分に切ってみました!!

パッケージに描かれていた断面図よりも、実際の断面図の方がレアチーズが多いような気がします。

苺ソースの存在感

そして苺ソースはどこへ行った???

包みの綺麗さとは裏腹に、苺ソースの位置は無造作ですwww

とりあえず、苺が出てきたら断面図を撮影しようと思って食べ始めたんですが、気がつけば苺ソースの場所をすっかり食べてしまっていました(゚∇゚ ; )

苺ソースの存在感はそれほど強くないので、苺を期待して買った方は注意深く食べてね〜〜!!

ラズベリーも入っているので、酸っぱいのかなと思ったんですが、甘さが勝ったようで、レアチーズと同化しちゃってました(゚∇゚ ; ) 後に残るは苺の粒の感触のみ。

レアチーズは控えめな酸味でチーズの味はまろやか・・・癖がないので万人にウケそう。

プリンを食べたときはぎゅうひが口の中に残って、他の素材の後味を堪能することができないと愚痴っていたんですが、今回のレアチーズとぎゅうひの相性がよく、バラスは素晴らしかったです。

ただ・・・スポンジはなくてもいい(^▽^;)

腹持ちはぎゅうひがカバーしてくれるし、ぎゅうひとレアチーズの相性もよかった!!

スポンジだけどこか浮いた印象をウケました。

ふんわりの中に若干のパサつきって感じで・・・

スポンジとかカステラは大好きですが、このスイーツにはなくてもいいかなぁ・・・

モチクルンのプリンと苺レアチーズを食べて・・・

個人的には苺レアチーズのほうがおいしかったです。

求肥とチーズってあうんだなぁ・・という新しい発見でありました!!

本日は以上です。お読みいただき、ありがとうござます。

また次の更新日にお会いいたしましょう(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ

 

コメント

  1. aiai より:

    わぁぁぁあ~~~ヾ(o´∀`o)ノ♪
    姐さん素敵~♡
    苺のレアチーズのレビューありがとうヾ(≧▽≦)ノ
    わたしもスポンジとかカステラ好きなんだけど、「このスイーツにはなくてもいい」って言われたとき、「苺のほう食べて失敗した」って思われたかなーと思って申し訳ない気持ちになったよぉ( ;∀;)
    ごめんねぇ。。。
    おわびに(?)わたしもコレ買って食べる!!(食べる言い訳が欲しかっただけらしいw)
    ありがとねっ♪(^_-)

  2. 薄くて儚い・・・
    求肥さん、いい仕事してるじゃないですか(≧▽≦)
    きっと誰かのことを気にかけて、ヤツでも食べれるよう薄くなってくれてるんやと思います(´ー`*)ウンウン

  3. ヨウコの川歩き より:

    いや~なるほどね。スィーツを買うと最近いつも思います。なんか、ひとつ多い!
    日本人は過剰ですよね。そろそろ、原点回帰の時期かもね(^0^;)

  4. marimo より:

    わわ、プリンと苺レアチーズ、結構好みが分かれてますね!
    我が家はどっち買うか迷って小marimoが好きなプリンにしたけど、これは私が好きな苺レアも食べたいです( ´艸`)

  5. ash より:

    求肥とチーズ?うわぁ、意外!
    でも私昨日初めてチーズティを飲んだのですが、想像よりずっと美味しかったの〜。
    だからこれもきっと美味しいとおもいました。
    そしたら要らんかったのね、カステラ…。

  6. あっ、そういや、まだ買ってない。( ゚д゚)ウム 買わなきゃ、喰わなきゃ。

  7. pope より:

    この前のプリン、あれは酷かったwwで、あのイメージがず~っと頭に残っていて求肥ものは避けるように・・・

タイトルとURLをコピーしました