鯛の塩釜焼w

2017/03/29

Pocket

こんばんは!ビー玉です。

ちょっと前の話になるんですが、夫の仕事が決まったお祝いに、なにかご馳走を作ろうと思い鯛を買ってみました(^^)v

鯛と言っても蓮子鯛なので小さいよ♪しかも半額(*´▽`*)

この鯛を使ってTHEイベント料理「鯛の塩釜焼」を作ることにしました♪

塩釜焼は普通の鯛では何度か作ったことがありまして、その時はオーブンレンジを使って焼きました。簡単なんですが、ちょっと時間がかかるのが難点(余熱20分、焼き40分ぐらい)。仕事が終わってからオーブンに火を入れていたのでは夕食が遅くなってしまう( ノД`)シクシク…

だけど、今回は小さな蓮子鯛なので、魚焼きグリルで焼けるかなって♪

魚焼きグリルは庫内が狭いので、火を入れると温度が急上昇します。

一般的なオーブンレンジだと、庫内温度は250℃~300℃ほどしか上がらないのに対して、魚焼きグリルは数分で400℃ぐらい(両面グリルの場合)まで達します。ピザとかも魚焼きグリルで焼くと美味しいよ(^^)v

予熱も要らないので、時短にもなります。

冷めた料理の温め直しにも便利です!
電子レンジを使うとベチャっとしてしまう揚げ物や焼き物も、魚焼きグリルでアルミホイルで焦げないようにガードして温め直すと(2-3分)、カリッと美味しく温められてオススメ。我が家では電子レンジよりはよっぽど出番が多いのだヾ(*´∀`*)ノ

鯛の塩釜焼レシピ~(簡易版)♪

1、鯛はウロコや内臓を取り除き調理しておく(今回はお店で調理済み)

2、あら塩500gと卵白1個分をよく混ぜておく。
(余った卵黄は醤油漬けにしておくと美味しいよ)

3、アルミホイルで鯛の大きさの皿を作り、2の1/3の量の塩をムラなく敷き詰めます。

4、塩の上に、クッキングペーパー(昆布やネギでもよい)をのせ、その上に鯛をおきます。

5、鯛の上にもクッキングペーパー(昆布やネギでもよいですよ~)をのせて、その上から残りの塩を隙間なくかぶせて鯛をコーティングします。


おまけに黄身で鯛の絵を描いたよww

絵心?何それ美味しいの?(^皿^)

今回は焼く作業を夫に任せて、ここで出勤~♪

で、帰ってきたら美味しい塩釜焼が出来上がり・・・・のはず(*´ω`*)


浮かれ気分で帰宅したら、私の可愛い塩釜ちゃんが~~~哀れ黒焦げ(◎▽◎;)

魚焼きグリルを使うデメリットは温度調節が難しいところ、夫は私が指定した15分では不安だったらしく、+5分したらしい。

まぁ・・・中身が無事なら見た目なんて、ねぇ(; ・`д・´)
 

わ~身がふっくら焼けて美味しそう♪

 

・・・・え?塩釜を割るところ?

驚きすぎて写真を撮り忘れました(-ω-)/すいません

なぜなら、塩釜を割ってびっくりクッキングペーパーで鯛を挟むのを忘れたから~_| ̄|○

鯛に塩がダイレクト~!!鯛塩まみれ!!

恐る恐る食べてみたけど、塩っ辛くて食べられないっ( ノД`)シクシク
クッキングペーパーはメッチャ大事です!!

とりあえず、鯛の身をこそげ取り、湯通しして翌日パスタにしようとか思っていたんですが、翌朝、塩替わりにご飯に混ぜて(ゴマも入れたよ)、おにぎりにしたら、かなり美味しかったです。

これはイメージ映像。おにぎりの写真も忘れた(;''∀'')

疲れているのかなぁ(いつもこんな感じw)・・年度末の喧騒もあと4日頑張れ私!

本日は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございます。
また明日(^.^)/~~~

 

Pocket

ブログランキングに参加しています

ランキングに参加しています。
面白かった♪役に立った♪と、感じていただけたら、ポチッと一押しお願いします。
励みになります(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

-オススメ, 日常