本当の天使ってどんなの?

こんばんは!ビー玉です。

ブログ仲間のtaka :a氏から貢物が届きましたw


まぁ、貢物と言うのは嘘でして・・
私が送った貢物のお返しというのが正しいです( ̄▽ ̄;)ミエハッチャッタ


私と夫、それぞれ好みのカップ麺と、


重度のチョコ中毒である私のための薬物w

これが届いたのは、究極にテンションが下がっていて泣き疲れていた時だったので、一瞬で気持ちが華やぎ、本当に助かりました。

ご本人は意識していないと思いますが、良いタイミングで良い言葉をくれたりするんですよ?本当にっ!!おそらく誰に対しても自然にそのようなことができる人なんだと思います。本当に見習いたい(゚д゚)(。_。)ウン

単純な私は、そのたびに「天使かっ」って思うんですよね?(*´ω`*)

 

・・・・ちょっと待て!!大の男を捕まえて「天使」って!!

ビー玉、気は確かか??(@_@)って感じでしょうか?

いたって気は確かです。
彼を天使だと思うのには根拠がございます。

皆様の中の天使像ってどんな感じでしょうか?


ラファエロ「サン・シストの聖母(部分)」の気怠い感じのカワイイ天使とか・・


超劇的にカッコイイ(≧▽≦) エル・グレコ「受胎告知」とか・・
(岡山県の大原美術館で本物が観られるよ)

まぁ・・ほとんどの人が天使と聞いて想像するのは、「カワイイ」か、「カッコイイ」か、「美しい」か、そんなイメージが一般的だと思うのですが・・

そんなあなたのために、私ビー玉が天使の本当の姿をお見せ致しましょう(Φ言Φ)フフフ・・

ちょっと観覧注意レベルです。

 

 

 

怖いよ!!いいですかぁ???

 

 

 

 

 

教科書でお馴染みの「聖フランシスコ・ザビエル像」の右上に注目!!ザビエルの頭ちゃいますよw

生首に羽根 ガクガク((;OдO))ブルブル


ジョヴァンニ・ベッリーニ「ペザーロ祭壇画(聖母の戴冠)」にも最高に不気味な天使が・・


腐乱生首に羽根 !!ギャァ━━━━(艸゚Д゚ll)━━━━ァァ!!

西洋絵画とかキリスト教に詳しい人ならご存知かと思いますが、天使とは本来、人間とは掛け離れた存在なのです。
天使の位が上がれば上がるほど人間離れして不気味になります( ̄▽ ̄;)

天使の最高位であるセラフィムなんて、顔から6枚の羽根が生えてるからねww

 

で、taka :a氏が普段トレードマークとして多用している顔文字が

これです↓

・・・ほらね、あなたももう天使にしか見えないでしょ?( ̄▽ ̄;)ハハハ・・

いいのかなぁ、こんなこと書いて(。-`ω-)色々ゴメン。

そんな天使なtaka :a氏の運営するブログはこちら↓

本日の一杯 -Cupmen Blog of taka- カップ麺と激辛のブログ

カップ麺が好きな人は必見の情報満載な天使ならぬ神ブログですよ♪

※今回送って頂いた「ドゥエイタリアン監修 レモンらぁ麺」の神レビューはtaka :a氏のブログでご堪能下さい。

 

【ビーダマメ知識】

人型で羽根が生えたイメージといえば、天使の他にキューピット(クピド)が有名ですね。


上の絵はアレクサンドル・カバネル「ヴィーナスの誕生」の一部なんですが、こちらのカワイイ天使っぽい生き物は、実は天使ではございません。(この下には超〜セクシーな全裸の女性が横たわっています。気になる人は検索かけてチョーダイ)

西洋の宗教画には、描かれている人物を特定するためのヒントを示すことになっていて、そのヒントをアトリビュートと言います。

このアトリビュートを見付けられるようになると、西洋絵画は格段に面白くなります。

ちなみにキューピットのアトリビュートは、「弓矢」。これは皆さんご存知ですね!

何も持っていない場合は、近くに描かれた人物で判断します。

青い衣の女性(マリア様)が描かれていたら、天使。

裸、もしくは半裸の女性(ビーナス)が描かれていたら、キューピット。

いつか機会がありましたら(美術館デートとか)、得意気にご披露下さい(^^♪

私と美術館デートするとけっこう楽しいと思うのだけど、あまり夫は付き合いたがりません( ̄▽ ̄;)何故だろう?

 

本日は以上です。最後までお読み頂き、ありがとうございます。
また明日(たぶん)(^.^)/~~~

コメント

  1. 甕星亭主人 より:

     其りゃ、解説したがる人と一緒の美術鑑賞は矢張りご辞退し度い物で。
     然う云えばバスタードでは随分と美形な天使が出てきたっけ。
     最近見つけたけど、重像裸婦に長けたMarina Podgaevskayaに悔恨する女天使とでも称うべき作品が数点有って、此れはお薦め。

    • ビー玉 ビー玉 より:

      甕星亭主人さん、こんばんは!
      コメントを頂き、ありがとうございます。
      フフフ・・・思った以上い面倒臭いヤツなので、一緒に行きたくない気持ちは察しております( ̄▽ ̄;)
      お恥ずかしながらMarina Podgaevskayaさんは存じ上げませんでした。あとで検索してみますね。ありがとうございます♪