おっちょこ主婦の家計救出ブログ

転職活動中に夫が病気になっちゃった!!(゚Д゚ノ)ノ 家計を救出しなければ実家で居候生活だ~~!

人は見た目が100%?・・かもしれない

2017/04/16

Pocket

こんばんは!ビー玉です。

春のTVドラマが次々と始まってますね~(^^)
私はけっこうTVドラマが好きです。まぁTVドラマに関わらず、本も漫画も映画もフィクション(時々ノンフィクションも)が好きなので新しいドラマが始まる時期は楽しみです♪

 

先日始まった、とあるドラマに共感を覚えました。

「人は見た目が100パーセント」

「世界で最も美しい顔100人」のベスト10位に入るぐらい美しい桐谷美鈴ちゃんが「地味でさえないリケジョ(理系女子)」を演じるというので、話題のドラマです。

世界が認めたという美しい容姿を持ちながら、容姿にコンプレックスを抱えるという設定が嫌味にしか聞こえず、現実感がないと批判をうけているようですが・・・・

あながちナイことでもナイんですよ~(^▽^;)

ドラマの設定ではリケジョ(理系女子)ですが、私は元職人女子として被るところがけっこうあって、視聴中はず~と苦笑いでしたw(※今はPC屋勤務ですが、以前はピアノを修理してました)


 
だって、世の女性たちが自分をどれだけ「美しく見せるか」ということに尽力していたであろう大事なお年頃に、塗料や木くずにまみれ、風呂にも入らず職場の作業場の床で腐ってる(?)毛布にくるまれて仮眠をとり、自分の肌の手入れはほったらかしで工具の手入れを学び、自分の七難の隠し方ではなくピアノの外装の傷を隠す技を学んでおりました。

世はバブルの絶頂期(歳バレるw)高校時代の友人が華やいで綺麗に変身するさまを、まるで別の世界の出来事を見るような気分で眺めておりました。


 
なので、もう圧倒的に、おしゃれやメイクに関しての経験値が低いんです( ノД`)シクシク…
その後、どんなに勉強したって、若いころから息をするようにおしゃれをしていた人とは次元の違いを感じます!卑屈だと言われようが、劣等感しかありません( ̄▽ ̄;)
 

  これが不思議なことに、絶世の美女でも同じように感じていたそうです。
 
私の職場の一つ上の先輩にスッピンでも「女優か?」というような美女がいて、出会った頃は「掃き溜めに鶴?」とか思っていたんですが、ピアノを一人で持ち上げる姿はたくましく!!ジャージ姿で床に胡坐をかいて塗料を吹き付ける姿なんぞを見慣れた頃には、他のおじさん技術者とかわりなく見えるようになりましたw
 
どんなに元が綺麗でも、職人系女子よりもショールームにいた容姿は普通(失礼な言い方ですいません)だけど華やで柔らかい雰囲気のあるピアノの先生達の方が圧倒的にモテてましたよ( ノД`)シクシク…

私もピアノ職人ではなく、ピアノ教室の先生とかめざしていたら、今ごろは美魔女とかいわれていたのかしれません( *´艸`)←職業の問題でもない・・

髪を振り乱して黙々と作業する女性より、「重たいので持ってもらえませんか?」って可愛く微笑む女性の方がお好きな男性が多いんじゃないでしょうか~??

元の容姿はともかく、雰囲気美人というものが最強だとおもうんですよね~(゚д゚)(。_。)ウン
  
なので、桐原美鈴ちゃんの美貌をもってしても「モテない」という状況は十分にあり得るんじゃないかとw

見た目が美しいと言うだけでモテるとは限りません。あのドラマ、実は意外とリアルかもです(`・ω・´)b
 

そんな話をしていたら、「本当に綺麗な人は緊張するから自分から話しかけるなんて無理やわ~」とか言い出す夫。

ん?どういう意味かな~??たしか私には「話しやすい」とか言ってたよね(^言^)ちょっと詳しくお話し聞かせてもらいましょうかw

雲行きが怪しくなってきましたので、本日はここまで♪最後までお読みいただきありがとうございます。また明日(^.^)/~~~

 

 

 

 

Pocket

ブログランキングに参加しています

ランキングに参加しています。
面白かった♪役に立ったという場合はポチッと一押しお願いします。
励みになります(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ


-日常