おっちょこ主婦の家計救出ブログ

転職活動中に夫が病気になっちゃった!!(゚Д゚ノ)ノ 家計を救出しなければ実家で居候生活だ~~!

幻想怪奇な世界へ行ってきました♪

2017/03/12

Pocket

3・11 東北の大震災からちょど6年。
亡くなられた方のご冥福と、大事な方を亡くされた心の平穏を、心よりお祈り申し上げます。

いまなお、日常を取り戻すために努力しておられるすべての方に
また、惜しみない支援を続けておられる多くの方々に
心より敬意を表します。

私も私の出来る事をコツコツやり続けていきたいと思っています。
 
  

↓以下通常の記事となります↓

 

 

 

幻想怪奇な世界へ行ってきました♪

【お詫び】ウラジーミル・アスポンさんをウラジミール・アルボンさんと間違って覚えてしまっておりました。お名前を間違えて記載してしまっておりましたことをお詫び申し上げますm(__)m

こんばんは!ビー玉です。

色々と溜まりまくってグツグツと嫌な感じのものが頭の中で煮えちゃってます(仕事上のストレスです)
こういう時は、気分転換が大事です♪

ちょうど、と言っては失礼ですが、ブログサークルでお世話になっているウラジーミル・アスポンさんが参加するグループ展が関西で開催されていると聞きつけて行ってきました♪
 
ウラジーミル・アスポンさんはとても個性的な絵を描かれる方で、生のイラストが観られるとは嬉しい限り♪

私は、絵画鑑賞的なものが好きなんですが、基本的には1人で行くことが多いです。
今回も当日の朝までは1人で行くつもりだったんですが、朝になって夫も「行きたい」と言い出したので一緒に行ってまいりました♪
夫もウラジーミル・アスポンさんの絵が好きなんだって!!おお♪珍しく意見が合いましたね( ̄ー ̄)ニヤリ

グループ展「妖怪幽戯」

開催場所は兵庫県尼崎市のピッコロシアター2Fの喫茶室「ピッコロ」さん

                

ピッコロシアターは私が通っていた高校に近く、演劇をやっていた友人がいたので学生時代は何かとお世話になりました。懐かしいな~♪

【妖怪幽戯チラシ表面】

会場の様子♪

詳しくはウラジーミル・アスポンさんのブログ「猫ヶ洞池本舗」をご覧ください。
 
ウラジーミル・アスポンさんの愛猫たちが扮するカワイイ妖怪画は・・・・

「会期終了後に公開するニャンです」

との事ですので、ここでは伏せておきますね( ̄ー ̄)ニヤリ

実は、わたくしビー玉は妖怪好き♪レトロなシアター内のレトロ喫茶でみる幻想世界は現実を忘れるにはもってこいの空間♪すっかりリフレッシュ出来ました。

現実からちょっと逃避したいという人。
京極夏彦や「ドグラ・マグラ」的な幻想怪奇な世界観に過剰反応する人には特にオススメヾ(*´∀`*)ノ

グループ展「妖怪幽戯」は2017年3月16日までです。もうすぐ終わっちゃうので気になる人はお急ぎをっ!!
アート・オブ・UFO展も同時開催中です(`・ω・´)個人的には缶バッチの宇宙図(?)がツボでしたよ♪

喫茶室ピッコロ
〒661-0012 兵庫県市南塚口町3-17-8
兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター内 2F
営業時間:11:00~17:00(月曜休)

【最寄り駅】
阪急「塚口」駅 南出口より南東へ(徒歩8分)
JR「塚口」駅 西出口より西へ(徒歩5分)

 

 

 

グループ展の会場は喫茶室なので1人1オーダーがお決まりです(`・ω・´)
私が食べたのは・・・・

喫茶「ピッコロ」名物(?) チーズドライカレー

あまりにも美味しそうで、ついついアップで撮り過ぎました(-_-;)
 
某友人ブロガーは「辛くて汗だく」と言ってましたが、そこまで辛くはなかったかな~(^▽^;)

香辛料はけっこうきいていましたが、トロトロチーズと卵が良いバランスでクリーミーにまとめてくれてました!!

鉄のスキレットに盛られて提供されるんですが、熱された底の部分におこげが出来て、パリパリとして美味しいのだ♪
スキレットの底にお米を押し当てながらジューっと焼いて食べるのが楽しいです(^^)
(これは、家でも真似するぞっ!)

某友人ブロガーがカレーを食べた後に、コーヒーフロートとフレンチトーストを食べていたので、良く食べるな~と感心していたんですが・・・
 
この直後に大阪で「うどん」を食べる事になろうとはっ!!
それに関してはまた後日♪

本日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございます。
また明日(^.^)/~~~

 

Pocket

ブログランキングに参加しています

ランキングに参加しています。
面白かった♪役に立ったという場合はポチッと一押しお願いします。
励みになります(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ


-オススメ, 日常